毎日のお金のこと

なぜ印鑑を拭く紙はゴワゴワしてるのか

印鑑急に寒くなりまして、すっかり風邪をひいてしまいました。

朝起きたら体調が悪く、鼻水が止まらず、こりゃダメだと思って珍しく仕事を休むことにしました。

朝一番で職場に連絡した後、午前中は布団で寝ていて昼前に起きたらかなり体調は良くなっていました。

これなら午後仕事に行けるかなと思ったのですが、せっかく平日に休みを取れたので、平日にしかできない用事を済ませてしまうと思いました。

結婚をして随分経ってから自分専用の銀行印を作ったのですが、結婚前から使っている銀行口座は実家の印鑑を使用しておりこれらの口座の銀行印の変更手続きは平日に窓口に行かないとできないので、ずっと出来ていませんでした。

 

というわけで昼過ぎに布団から出て実家で印鑑を借りた後、そのまま郵便局を入れて4つの金融機関をはしごしました。

2~3時間で4つの金融機関をはしごして同じ手続きするのは初めてでしたが、印鑑の変更というのはどこも同じような手続きですね。

 

窓口や入口で用事を伝えると記入用紙を渡してくれるのでそれに諸々記入します。

当然変更前の印鑑と新しい印鑑が必要ですが、最初に記入用紙に押印できる銀行と、窓口で押印する銀行があるんですね。

そのあと本人確認が必要なので、免許証を見せたりして完了です。

どの金融機関も待ち時間を入れて大体20分分程度で終わりました。

 

で、少し気になったのですがどこの金融機関にも印鑑を押印した後の拭くが置いてありますよね。ティッシュと似て非なるものです。

先ほど調べたのですが、一般的には「印鑑拭き」と呼ぶみたいです。

私がよく分からないのは、この印鑑拭ってゴワゴワして固いんですよ。

印鑑を長持ちさせるコツとして朱肉を付けるときは強く押し付けないで、ポンポンと表面に付ける程度にし、押し終わったらやわらかい紙で丁寧に朱肉をふき取るのがよいと聞きました。

ティッシュそういう意味ではあのゴワゴワした固い印鑑拭きよりはティッシュペーパーの方が柔らかいので、印鑑の表面を傷つけることなく丁寧に拭けるような気がします。

 

色々ネットで調べたのですが、なぜ印鑑拭きがゴワゴワして固いのかがよく分かりませんでした。

なんとなく感じたのは朱肉は油でできているらしいので、印鑑拭きというのは油とり紙に近いのかもしれません。

ティッシュだと拭くときに張り付く事があるから、印鑑拭きの方がよいと感じる人もいるみたいですね。

また、汚れがひどい印鑑の場合はのあの固い印鑑拭きの方が落ちる気がします。

まぁそんな感じですね。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク