毎日のお金のこと

妻に実印は必要か

実印

20代の独身の頃は印鑑の種類など全く気にしたことがありませんでしたが、お金の管理やマイホームの購入などを経験すると、

  • 認印
  • 銀行印
  • 実印

くらいはキチンと区別して管理をするようになりました。

しかし実印というのは日常生活では全く使いません。

最近の記憶では(といっても5年前ですが)マイホームを購入する際に、使用した記憶があるくらいです。

私の妻には、結婚した際に銀行印を作ってあげたのですが、実印は持っていません。

実印とは、不動産取引やローンを組むときくらいしか使わないと思っていたのでまぁ必要ないだろう、くらいに軽く考えていました。

 

しかし先日ふとしたことから、やっぱり必要だな、というか今のうちに作っておいた方がいいなと思いました。

 

理由の一つは、私の死亡保険金の受領時に必要だと知ったからです。

私が加入している生命保険会社のWebサイトを確認したところ、保険金請求に必要な書類の中に死亡保険金の受取人(つまり私の妻)の印鑑証明書がありました。

妻がしょぼぼんとしている様妻はこの辺の事に大変疎いので、私に万一の事があり、ショボンとした気持ちの中でまずは自分の実印を作り、そのあと役所に行って印鑑登録をするのは少々大変な気がします。

保険金以外にも、私が死んだ後に私の財産の相続をする場合も、印鑑証明書が必要なケースがありそうです。

 

そんなわけで、今のうちに妻の実印を作り印鑑登録まではしておく意義はある気がしました。

今ではネットで簡単に印鑑を注文することができます。今回も注文してから数日で妻の実印が届きました。

 

近いうちに一緒に市役所に行って、印鑑登録をして来ようと思っています。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク