投資・資産運用

投資資産をすべて売却

発熱先日、仕事中に急に悪寒がしてきました。

仕事をしているとどんどん体調が悪くなってきて、確実に発熱していると感じました。

途中から、立つこともできない状態になってきたので、午後に早退させてもらいました。

この時の会社から自宅に帰るまでの道のりは本当につらくて、それだけでドキュメンタリー映画になるくらいの大変さでした。

で、帰宅後に熱を測ったら39度の高熱でした。

あまりの高熱でひょっとしたらデング熱かもしれないと思い、実家の父親にお願いして車を出してもらい、病院に行ったところ化膿性扁桃炎と診断されました。

病院で抗生物質を頂いたのですが、病院の先生によると最近は抗生物質があまり効かない菌も出てきているとのことで、抗生物質が数時間で効く場合と、あまり効かない場合がある、と言われました。

で、私の場合はあまり効かなかったみたいで、そのまま翌日も高熱の状態で会社を休んで寝込んでいました。

 

しかし、ずっと布団で寝込んでいるのもよくないと思い、昼に少し起き上がってパソコンを眺めたりしていたのですが、何を思ったのかすべての株やETFなどの投資資産を売却したくなりました。高熱でいつもと思考が違っていたようです。

そして、私が保有している株や海外ETFなどをすべて売却してしまいました。

正確な金額は申しませんが、合計1000万円以上分は売却しました。

確かに、最近はそこそこ株価も上がっていたし、海外のETFも円安の影響もありかなり利益が出ていたのですが、すべて売却してしまうとは、なかなか私も思い切ったものだと後から思いました。

 

よって現在の私は、投資資産は全くなくなってしまいました。

 

手元の資金でまた他の投資信託を購入するか、もしくは今の資金は貯金しておいて積立投信を初めてみるか、現在ちょっと悩んでいます。

投資している資産が無いと日経平均株価を見てもなんとなくつまらないし、為替情報もなんとなくつまらなく感じてしまいます。

やはり少額でもいいから、投資資産を持っている方が経済を身近に感じることができると改めて思いました。

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク