毎日のお金のこと

もっとお金が貯まる5つのやるべきこと

草木前回は「夫婦で自然とお金が貯まる3つのやるべきこと」というブログを書きました。

これは色んなマネー本に書かれている基本的な事です。


今回は、更に一歩進めてもっとお金が貯まる5つのやるべきことをまとめてみました。

1.住居費を抑える

お金を貯めたければ一番の支出を占める住居費を抑えるのが効果的です。住居費が高いのに、食費や光熱費を節約するのはナンセンスです。

実際、我が家の住居費(住宅ローン+マンション管理費+修繕積立金+固定資産税)は、夫婦の手取り収入の合計の10%未満です。

しかし、住居費を抑えるというのは簡単な事ではありません。

我が家では下記の3つの理由により、低く抑えられていると思っています。

  • 郊外のマンションを購入(首都圏よりは価格が安いが通勤が大変
  • 世帯収入からすると控えめなマンションを購入(背伸びをした家は買わない)
  • 結婚前から二人とも貯金をしていて、ローンの借入金額が少ない(一括でも買えた)

マイホーム

住居費を抑えるにはそれなりに我慢をしなければならない点が出てきます。我が家は通勤が大変という点です。

ここ最近はますます通勤がつらいなぁと思う毎日です。

 

2.休日はお金を使わない

私は休日は家で過ごすのが好きなインドア派です。

よって休日外でお金をあまり使いません。一週間分の食材を買いにスーパーに行くくらいです。

別にアウトドア派がお金を使うと言っているわけではありませんが、例えば毎週末どこかへ遊びに行ったりすると、交通費もかかるし外で食事もすることになります。

公園

せっかくの休日はリフレッシュが必要ですので楽しむことが一番ですが、その楽しみ方にお金がかからない人はお金が貯まる素質がある人だと思います。

少なくとも我々夫婦は我慢して休日にお金を使わないのではなく、昔から休日はあまりお金を使わない過ごし方しか知らないので、なんというかラッキーでした。

 

3.平日の日中もお金を使わない

平日は朝家を出てから仕事が終わるまではお金を使う事は滅多にありません。

昼は持参したお弁当を食べ、のどが乾いたら会社のウォーターサーバので私は十分です。

 

平日に一番お金を使いやすいのはコンビニです。

実は私も結婚前までは、朝出勤前に寄ったり仕事中も気分転換にコンビニに行ったりしていました。コンビニに毎日に行くと、ついつい何かを買ってしまいます。

コンビニで一カ月分の出費を整理すると驚くような金額になったりします。

 

水また、昼休みなどに毎日必ず決まった自動販売機でドリンクを買ってしまうというのもお金を使ってしまいます。

例えば、120円のコーヒーを毎日昼休みに買うと、一カ月で2400円、一年間で約3万円です。

 

少なくとも朝から仕事が終わるまではお金を使わない生活になると、お金が貯まります。

 

4.携帯電話で電話をかけない

これを意識するようになって、毎月の携帯電話代が2000円程度減りました。

仕事で使うのは別ですが、プライベートで携帯から電話をかける機会は滅多にありません。

※ただし、私はソフトバンクのホワイトプランなので無料通話の範囲では電話を使います。

携帯電話

友人や会社との連絡は殆どメールで用が済んだり、実家との連絡も家に帰ってから自宅の固定電話で十分だったりします。

食費を抑える前に、まずは自宅の通信費を見直すのが重要とはよく言われる事です。

 

5.無理に節約をしない

大事な事は上記の書いたことを無理して守らないことです。ダイエットと同じで無理をしても長続きしません。

また、節約自体が目的となってしまうと家の雰囲気が悪くなります。

これは以前に「節約が目的になってはいけない」というブログを書きました。

 

休日はたまには映画を見に行って、夜はおいしいレストランで食事を食べましょう。

仕事中に疲れたら、たまには水ではなくコーヒーを飲んで気分転換が必要です。

急な用事は遠慮なく携帯電話で連絡を取りましょう。

私の場合も「平日の日中もお金を使わない」と書きましたが、我々夫婦は平日のはお金を使います。

共働きで帰宅が遅いので外食が多いからです。


当たり前のようにダラダラとお金を使うのはやめて、たまにはお金使うというメリハリをつけましょう。




人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク