毎日のお金のこと

休眠口座が無いか確認しよう

通帳私は今でこそ自分と妻のすべての口座を管理していますが、結婚する前までは全くそんなことをしていませんでした。

若いころは会社の組織変更により部署が変わるたびに給与振込用の銀行口座(同一銀行で異なる支店)を作らされたりして、あるメガバンクの銀行口座を複数持っていました。

 

その後結婚してさぁ家計を一つにまとめて管理するぞ、となった際に全く使っていない銀行の預金通帳が3つ出てきたことがありました。

全て同じ銀行で支店が異なるだけでした。

 

預金通帳に記載されている金額はそれぞれ大したことがありません。

しかし、実際には数十万円眠っている可能性もあります。

 

気になったので、3つの通帳の中の一番近い支店に行ってみました。

確認したところやはり休眠口座になっているとのことで、その支店の口座はその場で解約して残金を払い戻してもらいました。

わずか299円でした。

残りの2つの支店の口座も確認してもらったのですが、2つとも休眠口座になっているとのことでした。

その銀行は休眠口座になっている口座の解約はそこの支店に行かないと手続きできないと言われたのですが、残高は調べることができるというので調べてもらいました。

 

314円と829円の、合計1,143円でした。

その2つの銀行支店は都内ですが今の職場からも結構離れているし、平日は仕事があるので行けないし、休日に半日つぶして受け取るような金額でもないし、いつか機会があれば手続きにいこうと思いながら数年経過してしまいました。

 

少しネットで調べたところ日本には850億円の休眠口座があるそうです。

日本全体の世帯数は5000万なので、ザックリ850億円を5000万世帯で割ると、平均一世帯あたり1700円の休眠口座があるということになります。

なるほど。うちも大体それくらいです。

でも、中には数十万円忘れられた口座に眠っている方とかが絶対いらっしゃると思います。

 

これを機会に家の中のすべての銀行口座をもう一度整理してみてはいかがでしょうか。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク