投資・資産運用

老後の資金はいくら必要か?(脱サラSE編)

本このブログを立ち上げた当初、「老後の資金はいくら必要か?」という記事を書きました。

その際の老後の必要な資金の結論は60歳までに4000万円でしたが、現在はその時とは大きく状況が違います

それはサラリーマンからフリーランサー(自営業)になったことです。

これにより将来もらえる年金額が変わった上、会社員よりも安定しないので、必要な老後資金の金額を試算しなおす必要があります。

前回と多少前提も変わって、下記の通り試算しました。 

【前提】

  • 現在はフリーのSE(自営業)なので、リスクを含めて55歳で仕事がなくなるとする。それまでに2人の子供を育て上げる。
  • 55歳にはSEは引退するが、そこからは60歳まではなんらかの方法で毎月5万円程度の収入を得る。
  • 自営業なので退職金は無い。
  • 65歳から年金が支払われるが、その年金は共働きの妻と合わせて二人で月額19万円とする。※実際は国民年金基金の私と厚生年金の妻の年金を合わせると23万円の見込み。
  • 私が86歳まで生きて妻と同時に逝ってしまうとする。
  • 月額の生活費は27万円を想定。
  • 55歳~60歳の時期は国民年金と国民年金基金の支払いは残ってる為、27万円(生活費) + 約3万円(年金保険料) = 30万円の生活費を想定。


■55歳~60歳の5年間の生活に必要なお金

30万円 - 5万円 = 25万円

 

毎月25万円の貯金を切り崩し5年間過ごす。

25万円 × 12カ月 × 5年間 = 1500万円

 

■60歳~65歳の5年間の生活に必要なお金

全て貯金を切り崩し5年間過ごす。

27万円 × 12カ月 × 5年間 = 1620万円

 

■65歳~86歳までの21年間の生活に必要なお金

妻は年下なので私が65歳になった時点では妻の分の年金は入って来ないが、そこは誤差として考慮しない。

27万円 - 19万円(年金) = 8万円

※つまり毎月8万円の貯金を切り崩す

8万円 × 12ヶ月 × 21年間 = 2016万円


1500万円 + 1620万円 + 2016万円 = 5136万円

 

結論として、フリーランサーのSEである私に必要な老後の資金は、55歳までに5136万円ということになりました。

前回の試算の60歳までに4000万円と比較すると少しハードルが上がりました。

 

ちなみに、5000万円を貯めるっていうのはパッと聞くと少しひいてしまいますが、共働きであれば不可能な金額ではありません。

逆にいうと、共働きじゃないと難しいです。以前もこの話はブログに書きました

仮に20年で5000万円を貯めようとすると、単純に割れば1年に250万円です。

例えば妻の年収をそっくりそのまま貯金にあてることができれば、貯蓄0からでも20年後には5000万円以上になります(簡単に言いましたが、例えばの話です)。

 

今現在私にはそれなりの貯蓄があること、フリーランスになってサラリーマン時代よりも収入が増えたこと、住宅ローンもそれほど多くないこと等を踏まえると、もちろんリスクもありますがなんとかなるかなとは思います。

仮にそこまでの資金が準備できなくとも、その場合は生活レベルを落とせばよいのです。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク