毎日のお金のこと

フリーSEの学習方法

コンピュータ私はフリーのシステムエンジニアをしています。

サラリーマンと違って会社が色々な研修に行かせてくれるわけではありませんので、自分のスキルを磨く為にはそれなりに自分でお金をかけなければなりません。

それでも最近は自宅のPCと書籍があれば色々な勉強をすることができるようになりました。

しかし、それでは不十分な場合もあります。

 

例えば私はSEとしてサーバマシンに色々なソフトウェアをセットアップしたりチューニングしたりする事があるのですが、自分でその勉強をしたり、好き勝手にイジりたい場合は専用のマシンが無いとできません。

また、Windows Server等のOSをバージョンアップする度に個人で購入するのは非常にお金がかかります。

 

サラリーマンの時は会社のシステム管理者という立場でしたので、空いてるサーバマシンで色々な事を試しながら勉強してきました(ある意味好き勝手にやっていました。。。)。

特に昔は自宅からその会社のサーバにリモートアクセスして、休日に自宅から色々なことを試して勉強しました(今はその会社ではそのような事は出来ないルールになっています)

しかし、フリーランスではそのように自由に会社の資産を使えません。

 

自宅にある私の学習用のサーバマシンもすでに10年程前に購入したもので古くなったので、新しいマシンを購入しようかと考えていました。

まぁサーバといいつつ昔私が使っていたデスクトップPCにLinuxを入れたもので、机の下に置いてあります。。メモリ1GBはもはや私のノートPCよりはるかに少ないです。

自宅のサーバ

しかし、自宅にサーバマシンを新たに購入すると下記のような事が気になります。

・置く場所をどうする

・サーバ代だけでなく電気代もかかる

・買ったときは最新型だがどうせまたすぐに古くなる

・学習用なので主に土日しか使わない

 

そこで、レンタカーと同じ発想でクラウドサービスAmazon Web Serviceを利用することにしました。

誤解を恐れずにわかりやすく言うと、従量課金制のレンタルサーバです。

前の会社でもよく使っていました。

 

従量課金なので毎月固定料金を取られるのではなく、使った分だけ料金を払えばよいわけです。

私の場合は、平日は長くても1時間、休日も5~10時間しか利用しないと思いますので、それで試算したところ(スペックやデータ量にもよりますが)どんなに多くても月に1,000円を超えることは無いという計算結果になりました。

年間でも12,000円、2年で24,000円だとすれば、数万円の実物のサーバマシンを購入するよりはよいかなと思いました。

 

CentOS早速本日から使い始めました。

2台とか3台に台数を増やせるので、複数台によるクラスタリング構成も簡単に試せるのがいいです。

また、色々なOSを試せるのもフリーSEとしては助かります。

 

自己投資にお金をケチるのは好きではないのですが、今回のケースはお金の節約だけではなく、物理サーバを1台購入するよりも技術的に試せる範囲が広いので、この選択は非常に良かったです。 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク