投資・資産運用

投資の始め方(その2)

資産運用初心者先日投資を始めるのはがっつり勉強してからでもいいけど、最初に証券会社に口座を作ってみるとよいというお話をしました。

今回はその続きです。

投資を始めるにあたって、次のステップは何はともあれ何か買ってみるのがよいと思います。

ただし、買うのはまずは少額にしておいた方がよいです。

人にもよると思いますが、損(最悪半分くらい)してもよいと思える金額ですね。1万円~10万円の範囲が妥当です。

具体的に何かを買えばよいかという話ですが、下記の通り投資の種類ごとにコメントしたいと思います。

 

株式

投資の最初として、株はやめておいた方がよいです。種類が豊富で何を買えばよいかが分かりませんし、リスクが高いです。

 

債券

債券にも色々あります。有名なのは国債ですが、それ以外にも社債や金融債、地方債なんてのもあります。

リスクもそれほど高くなく手堅いところですが、勉強として始めるものとしてはハッキリいって面白くありません。

 

外貨関連

外貨建ての商品(外貨MMFとか海外ETF)は私は結構気に入っていますが、最初に買う商品に外貨建てのものを買うと、為替リスクも発生するし購入の手順も若干ややこしいので、もう少し慣れてから買ってもよいと思います。

ちなみに、FXはギャンブル性が高いので手を出してはいけません。

 

投資信託

ということで、最初に買うべき投資の商品としてのお勧め投資信託です。

理由は株式ほどリスクは高く無いし、それなりに楽しめるからです。


投資信託とは簡単に言うと運用会社にお金を預けて、多数の人から集めたお金をもとに運用会社が運用するというものです。

投資信託にも沢山商品があり、ハイリスクハイリターンのものなど色々な特徴の投資信託があるので、どれを買ったらよいか迷うと思います。

チャート

 

というわけで最初は投資信託を買うとして、、次回はどのような投資信託を買った方がよいかというのをご紹介します。

投資の始め方(その3)



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク