マイホームのこと

マンションでは喫煙する場所が無いのか

煙草喫煙家にとっては本当に肩身の狭い時代になりました。

蛍族という言葉が生まれた20年前は室内での喫煙による家族・部屋への影響を抑える為にベランダでタバコを吸う時代でしたが、今やマンションのベランダでの喫煙さえも周りの家から迷惑がられるのが一般的になってきたようです。

気密性の高い最近のマンションはベランダの壁にある吸気口から積極的に外の空気を取り入れますので、ベランダで煙草を吸うと風向きによっては本人の住戸だけでなく上下左右の住戸内に大量のを引き込んでしまうからです。

またベランダに干してある洗濯物に煙草の匂いを付けてしまう事もあるようです。

吸気口

 

分譲マンションに越してきてすぐの頃に、マンションの管理人さんに「○○さんは煙草は吸われますか?」と聞かれたことがあります。

なぜそのような質問をされたかは聞いていませんが、ひょっとしたらマンション内での喫煙に関してちょっとした苦情が発生したのかもしれません。

※ちなみに私は非喫煙者ですが、極端な嫌煙家というわけでもありません。

 

そんなこんなでうちのマンションの喫煙者の方は、わざわざマンションからは少し離れた周りに民家のない広場のようなところで煙草を吸っているようです。

特に冬場はものすごく寒そうにしながら一生懸命喫煙している姿を見て、なんだか大変だなぁと思ったりすることもよくあります。まぁうちのマンションの喫煙者は周りの住人に気を使ってくれる方ばかりで助かります。

 

煙草の煙個人的な意見ですがマンションでの喫煙の大きな問題は、自体が人体に有害であるという明確な事実がある点です。

多少の匂いは共同住宅という性質上受忍すべきところもあるとは思いますが、人体に有害なものに関しては我慢する・しないの問題ではない部分があると思います。

 

一方喫煙者の方にとっては、何千万も払って分譲マンションを購入した自分の家であるにも関わらず、好きな煙草を吸う場所がどこにもないというのも少々可愛そうな気がします。

ベランダは駄目、換気扇の下でも結局煙が共用廊下の排気口から排出されて駄目ということで、自宅の室内で空気清浄器を使う方もいらっしゃるそうです。

しかし色々ネットで調べてみると、空気清浄器では煙草の匂いは取れても有害なガス成分は除去できないそうです。

よって窓を閉めて、室内空気清浄器という組み合わせで喫煙するのもよろしくないようです。

 

結局マンションを購入した喫煙者は、うちのマンションの方たちのように少し離れた外の広場で吸うしかないのでしょうか。

もはや今の時代は喫煙者の方はマンションではなく一戸建てを購入した方がよいのかもしれません。

しかし、一戸建ての場合でも隣の家まで距離が近い建売住宅等ではマンション同様の煙草の煙の苦情問題がありますね。

 

有害な物質が全く出ない煙草か、もしくは有害な物質をすべて除去する画期的な空気清浄器の出現を待つしかないのかもしれません。 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク