マイホームのこと

マンションの警報音の止め方

警報機少し前の話ですがうちのマンションの上層階の火災報知器が作動して、念の為避難したことがあります。

その際は自宅のセキュリティモニターからは大きな音で避難を促す音声メッセージが流れ続け、その音はマンション管理室での復旧操作が終わるまで続きました。

音声メッセージが流れているときは、なんか怖くてセキュリティモニターには手を触れなかったのですが、一応音声メッセージの止め方くらいは事前に知っておいた方がよいと思って、取扱説明書を見てみました。

 

自宅にある説明書を見たところ、少なくとも先日の警報の音声メッセージを止めるには、下記通り「警報音停止」というボタンを押すだけでよかったみたいです。

実際に警報が鳴ったときは、このボタンの存在にさえ気付きませんでした。

セキュリティモニター

ちなみにそのスイッチを押しても自宅の警報音が止まるだけで、マンション全体の警報が止まるわけではないみたいです。

最近のマンションは自動火災報知設備を備えていて、一度警報が鳴ったら管理室にある受信機のスイッチを操作しないと止めることは出来ないようです。

 

非常ボタンのマンションだったら、非常ベルのスイッチは左の写真のようなボタンで、止めるのも押された住居の非常ボタンを引っ張って戻すだけでした。

非常にシンプルな仕組みでした。

それが、最近のマンションは自動火災報知設備インターホン等が一体型となっていて、便利な反面なんとなくハイテクで使い方がよく分からないし、下手にいじると警報機が作動してしまうような怖さがありますね。。。

 

改めて自宅のセキュリティモニターの取扱説明書を見てみると、火災が発生した場合の感知器の作動から警報までの流れやガス漏れの場合の検知から警報までなど、色々と書いてあるので一度目を通してみるのもいいのではないかと思います。

セキュリティモニターの取り扱い説明書 

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク