毎日のお金のこと

まだあった、減らせる待機電力

はやわかり節電モニター、はやわかりを導入して早2ヶ月が経過しました。(導入時のブログはこちら)

8月、9月の電気使用量はそれぞれ前年比20%程度の削減に成功しています。

特に9月の電気代はこの家に引っ越してきて最安値の4,990円でした。

リビングから見える位置にモニターを設置出来たので、自然に電気代を気にする生活になった気がします。

この製品に対しては非常に満足しています。

今日は、付属のソフトウェアを使って平日の24時間の電気の使用量をグラフで見てみました。

下記のグラフは、9月28日(金)の一日の電気使用量です。

電力グラフ1

朝5時~7時に大きな山場があるのは、炊飯器ご飯を炊いたり電子レンジを使ったりしているからだと思います。

その後、夫婦共に会社に出かけているので待機電力のみで、21時に二人で帰宅してから寝るまでまた少し使用量が増えています。

グラフは赤線が最大使用量青線が最低使用量なのですが、青色の線が思ったより高いというか待機電力大きいなと気になりました。

 

以前のブログの通り、我が家には節電タップも導入してそれなりに待機電力を低くしているつもりでしたが、もう少し抑えられないか家の中を調べてみたら、ありました

ガス給湯器ガス給湯器です。

ネットで調べてみると、ガス給湯器は待機電力の中でトップだと言っている記事があるではありませんか。

知りませんでした

我が家はこの家に住み始めてから3年以上経過しますが、基本的にはガス給湯器のスイッチはつけっぱなしの生活を続けていました。

習慣というものは恐ろしいものです。

 

早速、お湯を使うときだけ給湯器のスイッチを入れる生活に切り替えました。

下記のグラフの9月28日の一日の電気使用量で、10月4日の一日の電気使用量です。

電力グラフ2

10月に入ってから給湯器のスイッチを切るようにしました。

給湯器の待機電力の分だけ青い線が下がることを期待していたのですが、、、、あんまり変わりませんね

もう少し待機電力が劇的に変わるかとも思ったのですが 、最近の給湯器は待機電力をおさえた機種らしいので、我が家もそのような機種なのかもしれません。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク