マイホームのこと

水災保障の追加を検討してみた

九州北部の豪雨による影響で亡くなられた方も出ており、また家屋の被害に会われた方が多数いらっしゃるようです。

ご冥福をお祈りするとともに、被災された方にはお見舞い申し上げます。

 

先日は地震保険に関して検討しましたが、 今回は水害の補償について少し考えてみました。

洪水

今回のような豪雨による洪水土砂崩れによる家屋家財の被害は損害保険では水災と呼ばれ、この補償は火災保険に付帯して保障されるものです。

さて我が家の場合ですが、火災保険の契約時に水災補償は外してもらい保険料を安くしてもらっています。

我が家には水災の補償は必要ないと判断した理由は下記の通りです。

  • マンションなので床下・床上浸水の可能性はゼロに近い
  • 市内でも高台に位置している
  • 川や海が近くに無く、土砂崩れを起こす山も周りに無い

 

今回の九州北部の痛ましい事故を機に、水災補償の追加を再検討したのですが、やはり上記の理由により我が家では水災の補償必要無いと判断し見送りました

 

台風例えば台風による強風で、隣の家の屋根瓦が飛んで我が家のガラス窓を破壊し、それにより室内が水浸しになった場合はどうでしょう。

このような時に備えて本当に水災の補償を外してもよいのか、と考えられる方がいらっしゃるかもしれません。

実はこのようなケースは水災ではなく風災というものになるそうです。

我が家の火災保険では「風災・ひょう災・雪災」の補償は付帯しているので、この点に関しては問題ないと思っています。

他にも火災保険で補償されているのは落雷とか爆発水漏れ盗難など色々とありますので、気になる方はご自分の火災保険では何が保障されているのかを今一度確認されるとよいと思います。

尚、以前ブログでも書きましたが「個人賠償責任担保特約」は絶対につけた方がいいです。

 

最後に一つ面白い例ですが、仮に「隕石」が落下して我が家の窓を突き破って落ちてきた場合は、どうなるでしょうか。

私の火災保険では「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊」を保障する事項があります。つまり、これは外から隕石が落ちてきた場合も保障の範囲内ということになります。

隕石が我が家に落ちる心配はあまりしていないのですが、昨年アメリカの人工衛星の破片が地球に落下する騒ぎがあった際に、上記の内容を確認した記憶がありますね。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク