毎日のお金のこと

国民健康保険・国民年金への切り替え

年金手帳以前のブログでも書きましたが会社を辞める事を決意し、今は有給休暇消化中の身なのですが8月1日からサラリーマンではなくフリーランサーSEとして仕事を再開します。

私は現在の治療中で、8月に入ってすぐに保険証を使う機会があります。

ただ、新しい仕事が始まってすぐの頃はなかなか平日にお休みを取りづらいと思うので、平日に休める今のうちに役所で国民健康保険及び国民年金への切り替え手続きをしようと思いました。

市役所に確認したところ国民健康保険の切り替えに、健康保険資格喪失証明書があれば会社の退社日前に国民健康保険・国民年金の切り替え手続きが出来るとのことでした。(何が必要かは自治体によると思います)

会社の総務に問い合わせたところ、退職日前でも発行可能とのことで、翌日に書類を受け取ることが出来ました。

※いつもながらこの会社の総務担当の女性は仕事が早いです。

 

市役所早速書類一式を持って市役所に行きました。

その日は市役所が空いていたので、10分程度で国民健康保険及び国民年金への切り替え手続きが完了し、国保の保険証も発行してもらえました。

 

さて、気になる保険料の違いですが、6月分の給与明細からの健康保険料と、私が住んでいる自治体の国民健康保険税を比較してみました。

※国保の保険税は私の給与収入などから試算したのですが、間違いがあるかもしれませんが。。。 

健保:17,425円(月額)

国保:25,608円(月額)

 

健保の保険料は労使折半なので、単純に国保に切り替えたら2倍近くに支払い額が増えるのかなと思っていたのですが、大体1.5倍程度の増額でした。

なんとなくホッとしました。

※2012/08/14追記

その後、自治体から国保の通知書が来たのですが、結局月額の金額は29,600円でした。

よって1.5倍というわけではなく、約1.7倍ですね。

 

ちなみに私が住んでいるマンションは市役所まで数分で行けるというのがセールスポイントだったのですが、ここに住み始めて3年近くになりますが市役所に行くのはこれでわずか3度目です。

まだ市役所に行く機会は少ないですね。歳を取ったら増えるとは思いますが。。。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク