毎日のお金のこと

携帯電話の料金を気にしてみる

スマートフォン妻と私は、携帯電話は同じソフトバンクのアイフォン使っています。
その毎月の料金ですが、妻はいつも6千円で私は8千~9千円くらいでした。

同じソフトバンクなのになぜこんなに違うのかと以前調べてみたのですが、大きな違いは通話料でした。

一番よく電話をする妻に対しては家族向けのサービスに申し込んでいるので24時間通話が無料なのですが、特に実家会社に対しての電話が多かったようです。

そういえば私は今までは何も気にせずにすぐに携帯電話を使うクセがありました。

通話例えば帰宅している最中に急に実家に連絡すべきことを思い出したときには、駅から自宅まで歩いて帰りながら携帯電話で実家に電話していました。

また仕事中に急に会社の本社の人間に連絡を取りたい場合も、よく自分の携帯電話を使っていました。

ただ、例えば前者の場合は急ぎでなければ、自宅に帰宅してから固定電話で実家に連絡をすれば十分です。

また、後者の仕事での連絡も、急ぎでなければ別に電話じゃなくてメールを使えば十分です。

数カ月前にそう思って、急ぎの場合以外は自宅の固定電話を使うなり、メールを使うなりほんの少しだけ意識して携帯電話を使うようにしてみました。

で、ちょっとそれを意識をするだけで私の携帯電話の月の通話料が6,400円くらいになりました。大体毎月2,000円くらい減りましたね。

あまり私はケチケチした節約って好きではないのですが、この携帯電話に関しては無理に節約しているという気はしません。
携帯で電話をしようとしたときに、「後でもいいかな」とか「メールでもいいかな」とちょっと意識するだけで、最終的な通話料がかなり違う事に気づきました。




人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク