マイホームのこと

ユニットバスの広さを比較

実家のふ襖いよいようちの実家がリフォームをするそうです。
しかもお風呂やトイレとかの部分的ではなく、家全体をリフォームするそうです。

確か私が小学2年生の時に購入したマンション(てゆうか団地)なので、かれこれ30年くらい経っているわけです。大規模なリフォームをするタイミングとしては、ちょうど良い時期なのではないかと思います。

実家は4LDK90平米弱だったと思いますので、老夫婦二人が暮らすには広すぎると思われる間取りです。
しかしたまに実家に帰ると、さほど広さを感じません。

理由は、モノが多すぎるからだと思います。

実際、4LDKの間取りのうち、2部屋は物置部屋になっています。
まぁリフォームを機に不要なものは捨てればよいのですが、捨てられないもので邪魔なのは父親のみたいです。
これが大量で、今現在でもリビングにまで本があふれています。

そこで、どうせ部屋が余ってるんだから、下記の通り図書館みたいな感じで備え付けの本棚が並んだ書庫のような部屋を一つ作ったらどうかと提案してみました。

この案が採用されるかはまだ分かりませんが、かなり乗り気でした。
書庫
※上記の写真は以前ブログで私がお勧めとして紹介したSweet Home 3Dで作りました。


そういえば、今回のリフォームで分かったのですが、うちの実家のユニットバスのサイズは1216(120cm×160cm)みたいです。
以前のブログでも書きましたが、我が家のユニットバスは1418(140cm×180cm)です。
試しにどのくらい違うのか、絵にして比較してみました。
ユニットバスのサイズ

上図は、は実家のお風呂のサイズで1216真ん中が我が家のお風呂のサイズで1418が最近では広めとされている1620の大きさです。
う~む。結構違いますね。やっぱり昔のお風呂は、最近のマンションと比較すると狭いみたいですね。

せっかくリフォームするので浴室のサイズも大きくできないか相談してみたのですが、実家のお風呂場の構造上広さを変えることは出来ないみたいです。残念です。

どうなるかは分かりませんが、私が子供のころから育った実家のリフォームなので、かなり楽しみです。
今年の5月くらいを目途にリフォームを完了させるスケジュール感らしいので、このブログでもちょくちょく取り上げていこうと思います。

※2012/05/20追記

リフォーム完成後のブログを載せましたので、興味がある方は御覧下さい。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク