毎日のお金のこと

映画はDVDを家で観る

ハリウッド私は特に中学生の頃は大の映画ファンでした。
当時は、「スクリーン」と「ロードショー」(ロードショーは今は廃刊)という2つの映画関連の月刊誌を買っていました。

で、今現在も昔ほどではないにしろ映画は大好きです。
私の口癖の一つに「今週の金曜ロードショーは何?」というものがあるくらいです。

なので本当は週に一度は夫婦で映画館で映画を見たいとは思っています。
※結婚前はよく二人で行きました。

ただ映画館で映画を見るとやっぱりお金がかかりますよね。夫婦二人で映画館で見たら3000~4000円もお金がかかってしまいます。
ポップコーンあと、やはりビールとかポップコーンは買っちゃいますよね。
でも映画館で売っている飲み物や食べ物って、映画館の重要な収益になっているらしく結構高いんですよね。
結局、一回映画館に行くと二人で5000円くらい使っちゃいます。

そんなわけで、最近は休日に近くのレンタル屋さんでDVDを借りて自宅で映画を見る事がとても多くなってきています。(ほぼ毎週です)
近くのレンタル屋さんなら、新作でなければ130円ですから。
ついでにコンビニでポテチと缶ビールを買っても500円くらいでしょう。

お前みたいな奴がいるから映画界が発展しないんだ、と怒られてしまいそうですが、ここ最近は家庭のテレビも大型化してきているので、個人的には昔と比べると自宅でもそれなりに映画を楽しめるようになりました。
テレビ

個人的に感じる自宅で映画を見るメリットを整理すると
下記の通りです。

1) お金がかからない
2) 好きなときに止めてトイレにいける
3) 周りに気を使うことなく飲み食いできる
4) 足を全開まで伸ばしてスーパーリラックス出来る

私は映画館ではついついビールを買ってしまい途中で絶対トイレに行きたくなり、トイレに行きたい気持ちが映画に集中できなくさせる
事故が多発しました。
その昔、「シックスセンス」を映画館で見ていた時に、最後の方のシリアスな場面でトイレが我慢できなくなり、席を立って移動したら「ちょっと!見えない!」と後ろに人に、怒られた記憶があります。さりげなく傷ついた嫌な記憶です。
なので2)のメリットは非常に大きいですね。


ちなみに今、一番好きな映画は?って聞かれれば結構迷いますねぇ。
最近見た中でよかったのは小林聡美主演の「かもめ食堂」ですかね。
あれを見て少し人生観が変わりました。

逆に一番つまらない映画は?って聞かれたらデビルマン(実写版)と即答ですね。

デビルマンの最悪さは有名で、「デビルマン基準」というのがあるみたいです。
つまり、最悪の特撮映画は「1デビルマン」(1DM)というらしくデビルマン(実写版)が特撮映画の最小単位になっているそうです。

これより最悪の特撮映画は存在しないって事ですね。。。。






人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク