マイホームのこと

一体型ボウルはお勧め

我が家の洗面台はカウンターとボウルの一体型です。

そもそも洗面台には私は特にこだわりがあるわけではなく、最近の新築マンションは大体どこもこのような一体型だと思います。

一体型のカウンターとボウル

別に洗面台なんてなんだっていいと思っていたのですが使ってみると一体型ボウルはいいですね。

メリットとしてしは

  • 掃除がなんとなくし易い(気がする)
  • 飛び散った水が床や洗面台と壁の隙間にに落ちにくい(気がする)
  • 洗面台の横に物を置くスペースがあるのがいい(忙しい朝とか便利だと思う)

イマイチ説得力に欠ける文章ですが、まぁこんなもんでしょう。

値段もそんな高くないみたいなので、これから洗面所をリフォームを検討されている方は、このような一体型ボウルを導入するのがオススメです。

 

タオルかけ話は少しそれますが、我が家は既設のタオルかけにタオルをかけていません。

理由はショーモナイ話なんですが、実家のタオルかけを見るとそこに接している壁の壁紙がものすごく汚れてカビが生えてるんですよね。

確かにタオルは手を洗って拭くものですから、少しぬれたタオルが壁紙に擦れて触れて、それが何十年も続くと黒くカビになってしまうんでしょうね。

タオルかけそれを見た私がなんとなく、自分の家も何十年後にそうなっちゃうのが嫌だったので(そんときゃ壁紙を交換すりゃいいんすけどね)写真のように洗面台の下に別途吸盤式のタオルかけをとりつけてそこにタオルをかけています。

でも友人などのお客様が来たときだけは、既設のタオルかけにタオルをかけています。
(面倒クセー夫だなぁと恐らく妻は内心思ってる事でしょうよ)


更に話はそれますが、私の実家には洗面台の前の鏡には曇り止め機能みたいなのが付いていました。

実家でもあまり使ったことは無いのですが、お風呂上りに鏡の前に立ったりすると湯気で鏡が曇ってしまうので鏡が曇らないように恐らく鏡の後ろにヒーターが付いていて熱で鏡が曇らないようになっていたのだと思います。

しかし、うちの鏡には付いていませんね。

というか今のところ必要ないですかね。最近の住宅は換気がいいからでしょうか。鏡が曇っても、チョイとドライヤーをかけてやれば一瞬にして曇りが消えてしまいます

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク