マイホームのこと

転倒防止ポールがかっこ悪い

私の部屋の壁一面には、ニトリで購入した書棚が設置してあります。

購入してすぐに、写真のような家具転倒防止ポールを取り付けました。

転倒防止ポール

取り付けた直後からずっと思っていたのですが、これっとちょっとカッコ悪いですよね。

本当なら、オーダー家具の壁面収納がいいと思っていました。しかし、壁面収納を工務店に頼んだら、数十万はくだらないでしょう。

実は、この書棚は見かけはちゃんとしていますがかなり安いです。さすがニトリです。

転倒防止ポール 

いや~、それにてもこの4本ポールむき出しは、私の家の中でもかなり好きではない光景です。こんなものにビジュアルを求めてもなぁ~と思いながらも、もう少しなんとかならないものかと。

試しにライトアップしてみました。まったく意味がありませんでした。時間の無駄をしました。

ライトアップ


もうすこし落ち着いたポールは無いものかとネットで探してみたら、楽天でいいものを見つけました

これ↓です。



これは「スキマブロック」というらしくて、突っ張り棒で対応できない狭い幅にも設置できるものらしいです。

問題の我が家の本棚の天井は下記の写真のように、段差になっています。本当は、に耐震ポールを設置したかったのに、幅が狭すぎて設置できませんでした。
耐震ポール
なので、仕方なく上記の写真のように少し手前耐震ポールを設置しています。
しかし、そもそも耐震ポールというのは壁に近い奥側に設置しないと、意味がないと言われています。

そういう意味では、今のままでは転倒防止効果が薄いという心配もあります(とりあえず東日本大震災には耐えたので、全く意味がなかったというわけでもないかもしれません)

上記の写真の奥側の書棚と天井との幅はわずか12cmなのですが、このスキマブロックのBタイプというやつは10.6cm~15.5cmに対応できるらしいので、問題なさそうです。
欲しいです。なんかすごく欲しいです。

でも、値段が5,750円なんですよね。。。書棚の幅を考えると2つ必要なので、2つで11,500円です。
いや~、ちょっと考えてしまいます。

あと一週間後に、まだすごく欲しい気持ちが残っていたら買おうと思います。

※2012/02/18追記

結局、上記のスキマブロックというのを買ってみました。こちらのブログで紹介しています。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク