マイホームのこと

電話機はどこに置くか

電話機電話機っての中のどこに置くか結構悩みますよね。

特に親機の配置場所には悩みます。親機は電話ケーブルの差込口の近くに配置する為に、ある程度置き場所限られてきます。

私の実家には専用の電話台みたいな家具があって、そこに電話を置いていたのですが、さすがにわざわざ電話台を購入して置くのも面倒です。

そんな我が家はどこに電話(親機)を配置しているのかというと

下記の写真の通り、テレビ台の中です。

電話機

以前もブログでご紹介したのですが、我が家はリビングにゴチャゴチャしたものを置きたくなかったので、電話やルーターなどのネットワーク機器は全てテレビ台に納めています。

もともと色々な機器をテレビ台に納める前提でテレビ台を探したのですが、その際のポイントは下記の4点でした。

  • 中にホコリが溜まるのが嫌なので扉が閉まること
  • DVDプレーヤーの赤外線リモコンが使え、且つ電話の親機の留守電ランプが見えるように、扉は透明であること
  • 中に複数の機器が入る十分な大きさであること
  • テレビ台の下はルンバが入り込んで掃除が出来る程度の隙間があること

最後のポイントはどうでもいいですね。

ちなみに今のテレビ台を見つける為に、妥協せずにあちこちの家具屋さんを回った記憶があります。

電話の親機の配置場所が上記の通りなので、基本的に親機の用途は留守番電話の録音を聞くときだけですね。電話をかけるときや取るときも、我が家は子機のみで対応しています。 

で、子機の置き場所ですが、下記の通りキッチンカウンターの上ですね。

子機

色々と試行錯誤したのですが、このキッチンカウンターの上で且つ、リビングとキッチンの境目辺りに置くと、キッチンからもリビングからも電話が取れていいみたいです。

調子に乗って子機を買い足そうとしたこともあったのですが今のところ一つで十分ですね。

なぜなら、うちだけかもしれませんが本当に固定電話って使わなくなりました。セールスの電話を除いたら、うちにかかってくる電話は95%の確率で近くの実家からです。

なので、最近は電話をとるときもどうせ実家からだろうから、「もしもし○○です」なんていう事は言わずに、面倒くさそうに「はい、何?」みたいな感じで電話を取ってます。

子機そんなときに限って、妻のご両親から珍しく電話が来て不機嫌そうに電話を取った自分が焦るわけです。

そもそも、ナンバー・ディスプレイ契約をすれば、携帯電話みたいに誰から電話がかかってきたか表示されるんでしょうけど、あまり固定電話を使わない我が家にとって毎月400円年間4,800円)はもったいないです。

そんなわけで、我が家の固定電話は電話を取るまで誰からかかってくるかわからんわけです。

 

おまけ

我が家のテレビ台は、カリモク家具という国産家具メーカーのものを使っています。

このメーカーの家具は正直安くないのですが、間違いなくいいものです。(買うときは正直悩みましたが)

私はカリモク家具製の家具はこのテレビボードしか持っておらず、あまりどうこうと評価できる立場にはないのですが、木の質感と重量感、扉の開閉の滑らかさ等、その辺の安物とは格が違います。恐らくこのテレビボードは、一生使い続ける思っています。

もし、ソファを買い替えるとしたら次はカリモク家具製のものを買おうと決めています。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク