投資・資産運用

年金はいくらもらえるのか

以前ブログで「ねんきんネット」は将来もらえる年金の見込額を試算できる機能が無いので不満だ、というようなことを書きましたが、今年の10月31日からその機能が追加されたようです。喜ばしいことです。

今までもねんきん定期便などについてくる計算シートで試算はしていたのですが、改めて「ねんきんネット」で将来いくらもらえる見込みなのかを試算してみました。

nenkinnet.jpg

今の時代、これから給料が上がるということは無いだろうという事で、今の報酬のまま且つ今の会社で定年(60歳)まで働いたとし、65歳から年金を受け取るとしたらで試算しました。

結論から言うと、月額16万2千円でした。

※配偶者や被扶養者等の情報は反映されていないそうです。

nenkinnet2.jpg それにしても「ねんきんネット」の年金見込額試算機能はなかなか満足できるものでした。

入力も簡単でしたし、結果も左図のようにグラフ表示されたりもします。 

さて、我が家は今のところ共働きなのでの年金受給額も試算してみようと思いました。しかし、これはなかなか難しい問題です。

妻が何歳まで働くか、というのは今決められませんからね。

しかし、とりあえず今の報酬のままで45歳まで働いてもらい(厚生年金)、その後45歳~60歳までは国民年金を支払うという事で、65歳で年金を受け取るということで試算してみました。

結果は9万9千円でした。

よって夫婦合計で、将来もらえる年金は26万1千円ということになります。

まぁ将来のことは分かりませんが、今の感覚で毎月これくらいもらえるのであれば、生活はできるかなという気はしています。

参考にはなりました

しかし、今の会社で定年まで働くとは思えないし、年金を受け取る年齢も今後はどんどん上がり我々が年金をもらう頃は早くとも70歳からって気がしますけどね。

そもそも将来年金制度がどのように変わっているかは分かりませんね。

しかし、国が崩壊しない限り一円も年金がもらえないということは無いと思いますので、その辺は心配しても仕方が無い、といったところでしょう。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク