マイホームのこと

マンションは自主管理か委託管理か

マンションの管理を業者に委託せずに、管理組合の組合員が自分たちで全て管理することを自主管理といいます。

対して管理会社へ管理を委託することを委託管理といいます。

 

うちの実家のマンション(団地)は、最初から自主管理だったみたいで、父親理事長をやったり会計をやったりして、大変苦労しているのを見たことがあります。

自主管理は委託会社への費用が発生しない分、管理費が安くなるとは思いますが、やはり管理組合の役員の負担が大きくなります。

 

ちなみにうちのマンションは委託管理です。委託にも、全てを管理会社に委託する全面委託と清掃や点検などの管理業務の一部を委託する一部委託というのがあるそうです。

うちはマンションを建てたデベロッパーの系列の管理会社に対する一部委託となっています。

 

私の場合、自主管理委託管理のどちらかを選べといわれれば、委託管理を選びます。

色々と考え方がありますが、私はまだ30代の働き盛りで仕事が忙しいということもあり、出来れば役員になった際の負担お金を払ってでも軽いほうがありがたいと思っています。

しかし、仮に私が65歳を過ぎた老後を迎えていたとしたら、管理組合の役員になって自主管理をやってみてもいいかなぁとも思いますね。

 

もうひとつよく比較されるのは、うちのようなデベロッパー系の管理会社か、独立系の管理会社のどちらが良いか、という話です。

メリット・デメリットはありますが、個人的にはデベロッパー系の管理会社の方が安心かなと思っています。

独立系の管理会社の方がコストが抑えられる、という話はよく聞きますが、マンションの管理費用なんて(うちの場合は)そんなに高いものではないですし、やはりデベロッパー系の方がマンションの設計や設備の図面情報等を入手しやすいと思いますので、トラブルがあった場合は安心という気がします。

まだ2年しか経過していないので、なんとも言えませんが今の管理会社にも特に不満はありませんので、何もなければ今の管理会社とずっとお付き合いしていくんだろうなぁと思っています。

 

どこのマンションもそうかもしれませんが、マンションの管理組合の役員当番制となっていて、いつ自分が役員になるかが大体決まっています。私の場合は、今から5年後くらいにマンションの役員をすることになっています。

今は、仕事以外の勉強にコツコツとファイナンシャルプランナーや英語の勉強をしていますが、5年後までにはマンション管理士の勉強をしてみたいと思っています。

どうせ役員をやるならそれなりの知識で武装して、自信をもってやりたいので。。。 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク