マイホームのこと

マンションの階数と価格

最近のマンションは、階数が上がる程価格も上がります。(ちなみに、1階に専用庭等がある場合は、2階よりも1階が高くなることもあります)

以前どこかの営業さんから聞いた話ですが、階数が1階上がると価格が平均で30万円アップするそうです。

都心では1階数が上がると数百万円アップするマンションも見たことがあります。

 

しかし、私の両親に聞いたところ昔は逆だったそうです。

私の実家は昭和の時代に建てられたよくある5階建ての団地で、エレベーターがありません。

つまりエレベーターが無いので、上の階数ほど外出や帰宅が大変で、下の階ほど価格が高かったそうです。ナルホド。納得です。

 

さて、最近のマンションの話ですが、高層階がよいのか低層階がよいのかは、完全にそこに住む人の好みだと思います。

高層階に住むと景気は素敵だし虫もあまり入ってこないといいます。色々とメリットがあると思いますが、それなりにマンションの価格も上がります

高層階で暮らす価値が、それに伴う価格よりもずっと大きい人は高層階に住めばよいと思いますし、価格自体にこだわる人や低層階が好きな人低層階を選べばよいわけです。

 

ただ、ここ最近は低層階も人気が出てきたという記事をどこかで見ました。

原因は震災です。

低層階は高層階よりも大地震の際の揺れや恐怖感も小さいそうですし、エレベーターを使わなければ日々の生活でエレベーターに閉じ込められる心配もありません。

またウソかホントかは分かりませんが、高層階に住む妊婦の流産率が高いという話や、高層階は心理的にも悪い影響がある、という話も聞いたことがあります。

消防にも、はしご車のはしごが届く範囲くらいの階数に住む方が安心という考え方もあります。

 

building.jpg実は私は東日本大震災の時に、仕事で都内の高層ビルの40階あたりにいました。ニュージーランドのクライストチャーチの地震でビルが崩壊したニュースを見たばかりの時期ですので、あまりの大きな揺れにビルが崩壊しないか肝をつぶしました。

ビルか崩壊することはあり得ないと分かっていても人間の心理として地上から100m以上離れたところで異常事態が発生した際の不安感は相当なものです。

ひょっとしたら、私は小さい頃に映画タワーニング・インフェルノ」を 見たから、高層ビルに対してトラウマになっているのかもしれません。

 

まぁそんなわけで、震災を理由に低層階も人気が出てきたという話は、個人的に非常によく理解出来ます。

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク