マイホームのこと

浴室のサイズの常識

マンションの購入を検討していた際に知ったのですが、浴室の大きさを表す表現として、1418(いちよんいちはち)とか1620(いちろくにいぜろ)という言い方をします。

モデルルームを見た際に、営業の方が当たり前のように「ここの浴室は1418なんですよ」とかいうので、最初は意味が分からなかったのですが、どうやら浴室のサイズを言っていたようです。

もともとこの言い方は建築用語らしく、浴室専用の言葉ではないそうですが、ユニットバスの広さを表す時によく用いられるみたいです。

浴室で1418のサイズとは、幅が1.4メートル奥行が1.8メールという意味です。1620は、幅が1.6メートル奥行が2.0メートルというわけです。 

マンションの間取り図を見ると、浴室には必ず1418とか1620とかいう数字が書かれているハズです。

現在の一般的なファミリータイプのマンションでは、1418のサイズが最も多いと思います。少し広めの間取りの場合は、1620のサイズもよく見かけます。一昔前は1317のサイズも多かったみたいですが、最近のファミリー向けの新築マンションではほとんど見かけません。

私の実家もマンション(というより団地)で、私のマンションよりも専有面積は大きいですが、浴室に関しては私のマンションの方が広いです。(といってもうちは1418です)

つまり最近の住宅は浴室は段々と広くなっているのではないでしょうか。この先はマンションでも1620のサイズが普通になると思います。。

 

もう一つお風呂に関して私の実家との大きな違いがあります。それは浴槽の形です。

昔の浴槽は豆腐のように角ばった形でしたが、最近はたまご型浴槽とかシェル型浴槽と呼ばれる、丸っこい形をした浴槽が多く見受けられます。

実際にうちもたまご型浴槽ですが、この形の方がゆったり入浴できる感じがします。

ちなみに先ほどの1418とか1620は浴室のサイズを表すものであり、1418と1620を比較した場合、浴槽のサイズはさほど差がない場合が多いそうです。

※ちなみに「ユニットバスの広さを比較」というブログを書きました。実際に図面でサイズを比較しています。

 

余談ですが一時期、お風呂で使える家庭用プラネタリウム購入しようとしました。かなり購入直前まで考えたのですが、イヤマテ、私はメガネじゃないですかっ。

お風呂ではメガネを外すと、星が見えない!!

しぶしぶ購入をあきらめました。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク