マイホームのこと

フローリングはキズが付くもの

アパートで独り暮らしをしていた頃もフローリングでしたが、木のフローリングではなく木目調がプリントされたシートでした。

安っぽく、温かさも感じませんでした。

マンションを購入し無垢のフローリングになり、なかなか感動しましたが最初はそれなりに気を遣いました

まず、フローリングに関しては最初のオプションで、フロアマニキュアをやってもらいました。これは結構なコスト(かなり高い)がかかりましたが、仕上がりも奇麗で満足しています。

本来、無垢のフローリングは水吹きは極力避けた方がよいそうですが、このフロアマニキュアをやれば水吹きは問題ないとのことで、たまに水ぶき掃除をしています。10年くらいはマニキュアの効果が続くそうです。

それにしても、入居したての頃はフローリングに傷がつかないよう、ボールペンさえも床に落とさないように慎重に生活をしていました

そのうち、そうは言っても生活していくと傷は付きますし、その傷もいい味を出していると感じられるようになったので、最近は小さな傷は気にならなくなりました。

しかし、今までに夫婦で一回ずつフローリングに大きな傷を付けてしまいました。

私は、小さい木製のスピーカーを床に落としてしまい、その角が丁度床に直撃して穴をあけてしまいました。

妻は、ダイニングテーブルのイスを運んでいる最中に転んで倒してしまい、やはり角が床に直撃して、ヘコませてしまいました。

床だけでなく夫婦揃ってヘコんだのを覚えています。

下記の写真の通りホームセンターで売っている補修キットで直しました。

kizu1.jpg

kizu2.jpg

上の写真は私がつけた傷で、下の写真は妻がつけた傷です。

下の写真の傷は補修キットでそこそこ奇麗に補修できたのですが、上の写真の傷は色がちょっと目立ちますね。

 

傷がつきやすいフローリングですが、個人的に好きな点は絨毯よりも掃除がしやすいところですかね。ルンバと組み合わせた生活は最高です。

毎日、全くホコリを感じない生活です。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク