毎日のお金のこと

お金をかけて勉強してみる

私は特に自己啓発や学習に関する欲しいがあればお店で買います。図書館で借りる事はあまりありません。

節約をしたいのであれば、図書館を積極的に使うべきだとは思いますが、自分のお金で買う理由がそれなりにあります。

図書館で借りない大きな理由の一つは、私は一度読んだ本を時間を置いて繰り返し読むことが多いからです。良い本は定期的に時間をおいて繰り返し読むことで内容を頭に叩き込みます。線を引いたりすることもよくあります。

図書館で借りると、再び読みたくなった場合にまた借りに行かねばならず、すぐに読み返したいときにそれが出来ません。

それだけでなく、本を購入する一番の理由は、自分のお金で買わないと読まずに満足してしまうからです。

投資と一緒で自分のお金を使って勉強しないと 、私はどうしても甘えてしまうのです。例えば、他人から10万円もらってそれで実際に投資をして勉強をするのと、自分で稼いだ10万円を使って投資の勉強するのでは、私の場合はやはり本気度が違ってしまいます。

 

会社のお金で行かされる研修と、自分でお金を出して参加する研修もそうだと思います。

 

実はこのブログもそうです。今はお金をかけずに無料でブログを始めることもできます。

どうせブログをやるのなら、それなりの期間を続けたいと思いましたが、無料のブログだとすぐに辞めてしまうのではないかと思ったわけです。

たまたま私はWeb系のSEで、妻はWebデザイナーですので、Webサイト一つ立ち上げるのは簡単です。そこで、自分のお金でレンタルサーバを借り、自分のお金でドメインを取得し、妻の肩を揉んで、当Webサイトを立ち上げました。(といっても年間の費用は2,000円くらいです)。

その方が、長続きすると思ったからです。

ちなみに、そんな心配は無用だったみたいで、実際にブログを始めてみるとなかなか面白いものです。 

今のところ、このブログはただの自己満足でやっており、このブログを毎日読んでくれるリピーターは、私の妻だけだと思いますが、それでも興味があるネタであればついつい書きたいと思ってしまうようです。

 

最後に話が少し戻りますが、本を購入する理由がもう一つあります。

それは図書館で借りても、古本屋で買っても、出版社や作家には1円も入らないからです。

これは私が大好きな作家東野圭吾さんのエッセイ集「さいえんす?」から触発された事です。

私は特に社会人になってから「本」というものに大変お世話になっています。パソコンの画面では頭に入らず、わざわざ紙に印刷して線を引かないとダメというタイプの人間です。

私の色々な知識の90%以上は「本」から取得していると思っていますし、小説も人並みに楽しませてもらっています。

そんな出版業界や作家さんは今後も発展して欲しいので、業界を応援する意味で本はなるべく購入するようにしています。

まぁそうは言っても私もただのサラリーマンですので、たまにはブックオフで本を買うこと売ることだってもちろんありますけどね。。。

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク