毎日のお金のこと

夫婦のお小遣い

うちは今月から夫婦でお小遣い制にしました。小遣い制にした理由は、以前にも書きましたが節約という理由もありますが、それよりも妻に対して節約を気にせずに自由に使えるお金を渡してあげたかったからです。

毎月のお小遣いの額は夫婦で相談した結果、一人毎月3万円としました。

お昼ごはんは手作りのお弁当を持っていっていますし、飲み物も水筒を持っていっていますので、何も無ければお金を使う機会はほとんどありません。

今は6月25日で、あと今月は残り5日間ありますが、それぞれの小遣いの残高を確認してみました。

妻は、なんと3万円のうちまだ8,000円くらいしか使ってないそうです!

私は今月は33,550円も使ってしまいました。マイナスです。ごめんなさい。来月の小遣いはオーバーした分を減額するつもりです。(小遣いの前借はやってはならぬ禁じ手ですが、イキナリやっちまいました)

とりあえず今月の自分の小遣いの使い道はメモしていたので、下記の通り書き出してみました。

  • 食費(おやつや飲み会後のラーメン等)  1,500円
  • 交際費・レジャー費(主に飲み会)    22,000円
  • 自己投資(全て書籍代)           6,050円
  • 衣服費・理美容費(今月は床屋代)    4,000円

言うまでも無く飲み会の代金がものすごいことになっています。

特に今月は一人1万円以上するフランス料理店に会社でお世話になった人と食事やワインを飲む機会があったので、それでダメージを受けました。それ以外の飲み会は、会社の近くの安い居酒屋があるので、そこを利用していますが、これももう少し控えればよかったです。

いずれにしても毎月の飲み会の回数を限定するとか、それなりに計画を立てないとダメですね。

何気に床屋代というのも、微妙に気になる価格ですね。駅にある10分1000円のQB HOUSE等の安い床屋が流行るのがワカル気がしました。(でも私は行かないと思います)



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク