マイホームのこと

うちのテレビ台は待機電力だらけ

私はリビングにはあまり物をゴチャゴチャ置きたくないので、電話やネットワーク関連機器は全て扉が閉まるテレビ台の中に収めています。

テレビ台を購入する際にも、それらの機器が沢山納められるものを選んで買いました。

しかし、改めて中を見てみたら、沢山あって待機電力もバカにならないのではと思ってしまいます。

tvdai.jpg

うちのテレビ台を開くと写真のようになっており、中にある機器を書き出して見ました。

  1. DVDプレーヤー
  2. 無線LANルーター
  3. ひかり電話ルータ
  4. VDSL宅内装置
  5. ひかり電話機
  6. Wii
  7. フェムトセル(携帯ホームアンテナ用)
  8. 光BBユニット(携帯ホームアンテナ用)
  9. ファイルサーバ(NAS)

 

夜にテレビ台の中を見たら、ナイト2000の運転席のように青や緑色の発光ダイオードがピカピカ光ってます。(まっ、それはそれでカッコいいんだけどね。)

上記の機械の中で一番使わないのはWiiなので、待機電力に関して色々とネットを調べてみたらWiiには待機状態は2種類あるそうです。(これって常識らしいです。いや~、知らなかった。)

Wiiをネットにつなげている場合、普通に電源をOFFにしてもWiiConnect24というサービスで24時間インターネットに接続し、お天気チャンネルとか色々とデータを送受信しているらしいです。

Wiiの電源ランプがオレンジ色の場合はこの状態であり、24時間データを受信しない状態にする場合は電源ボタンを長押しし、ランプを赤にすればよいそうです。

電源ランプ赤の状態で、どれくらい待機電力が軽減されるのかは分かりませんが、とりあえず赤の状態にしておきました。

夏の節電に向けて、近いうちに個別スイッチ付きの電源タップを取り付け、こまめに待機電力を消すようにしたいと思います。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク