毎日のお金のこと

共働きを否定しない

私は結婚してすぐの頃は、夫婦揃っての共働きには否定的でした。子供がいない間の共働き(いわゆるDINKS)は、それほど問題ないとは思っていますが、子供が小さいうちから保育園に預けて共働きというのは、あまり前向きではありませんでした。

別に妻に働くな、と思っているわけでもなく、妻に家のことを押し付けるつもりではありません。

ただ、私の周りの共働き夫婦を見ていると、どうも子供が出来たとたんに、夫婦仲が悪くなり、夫は家に帰りたくないと漏らす人を何人か見て来ました。
結局は共働きで二人とも忙しいのに、子供が出来て更に家事や育児作業が増え、二人ともイライラしてしまうからだと勝手に思っています。特に、家事や育児をロクに手伝わない夫だったとしたら、妻のストレスは相当なものになると思います。

私は、共働きで増える収入よりも、常に夫婦仲を最優先して考えます。

ですからそのような関係になるくらいだったら、最初から共働きは辞めたほうがいいのではないか、と思っていました。
ちなみに今は私は子供はいない共働きですが、それでも通勤時間が長く、夕食の準備をしなければならない妻の負担を少しでも減らそうと、妻には一日6時間労働という契約にしてもらっています。(この要望を受け入れてくれた妻の会社には感謝してます)
また、子供が出来たら小さいうちは妻に育児に専念してもらおうかなとも思ってました。

しかしここ最近私も考えが変わってきており、共働きもいいのではないかと思うようになりました。理由を箇条書きにすると、下記の通りです。

  • 夫は家事と育児を手伝うという姿勢ではなく、二人一緒になってやれば夫婦円満は保てる
  • 妻は技術職である為、子育ての長い期間仕事から離れると、復帰するのが難しい
  • 一人で年収600万円稼ぐのは大変だが、二人で600万円稼ぐのは身も心も余裕

というわけで、基本的には子供が出来ても二人で仕事も家庭もがんばろうと思います。

 

余談ですが、以前子供がいる共働き夫婦の同僚(夫)が、保育園からの電話をいつも恐れていました。保育園に預けた子供が熱を出すと、仕事中でも引き取りに行かねばならないらしいからです。
どうもその子はよく熱を出すらしく、同僚もその妻も何度も引き取りに早退していたので、二人とも次はどちらが引き取りに行くかでモメたこともあったそうです。
ちなみに、私に子供が出来てそのような状態になったら、もちろん引き取りに行きますが、どうしても私も妻も帰れない場合は、最後の手段として近くの実家の両親にお願いしようかと勝手に思っています。これも近居のメリットの一つです。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク