毎日のお金のこと

人にお金を貸さない理由

私のポリシーとして、人には絶対にお金を貸しません

飲み代を一時的に立て替えるとか、財布を忘れちゃったので昼食のお金を貸すとかいうのは問題ないのですが、困っている人にお金を貸すと、友人関係が崩れたり、精神的に余計なストレスを感じることがあるからです。別に貸したお金が惜しいわけではありません。

実際私が社会人になりたての頃に、古い友人にお金を貸したことがあります。確か3万円くらいだったと思います。
その後、貸したことさえ忘れそうになった1年後くらいに、気になって電話してみたところ、既に携帯電話の番号が変わっていました。お金を貸したから、連絡が付かなくなってしまったわけではないと思いますが、妙に寂しい思いをしました。

私はどちらかというと控えめな人間なので、早く金を返せともなかなか言えない性格です。よって、例え友人と連絡がついたとしても、なかなか金を返せとは言えずに一人で余計なストレスを感じる事になると思います。

そんな面倒なことになるくらいなら、今後一切人にお金を貸すのは辞めようと心に誓いました。それ以来、人にはお金を貸していません。

本当に困っていて、私がなんとか助けたいと思った場合は、貸すのではなく差し上げます(やった事は無いけど)



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク