毎日のお金のこと

時代とともに増え続ける固定費

うちの家計簿に記録されている毎月の固定費は大体下記の通りです。

  1. 電気代
  2. 水道代
  3. ガス代
  4. 電話代
  5. NHK受信料
  6. マンション管理費・修繕積立金
  7. 生命保険料
  8. インターネット代(光回線+プロバイダ料)
  9. 携帯電話代(二人分)

 

この中には、私が子供の頃には無かったものが2つあると思います。 

8のインターネット代と9の携帯電話代です。うちの場合、この二つで月額12,000円~15,000円くらいかかっています。

いずれも、今の時代のサラリーマンには必需品です。しかし20年前には一般家庭にこのような固定費なかったハズです。また、今はどの家にもエアコンがあり、各部屋にテレビがあり、パソコンや空気清浄機など様々な電化製品が増える中で、毎月の電気代も昔と比べると増えているのではないでしょうか。

時代とともに便利なものが登場し、それを使わない生活が考えられなくなり、徐々に固定費が増えている気がします。

ちなみに、数ヵ月後にはうちの携帯電話代がさらに増えそうです。実は私は携帯電話はパケットし放題の契約をしているのですが、妻は今の携帯ではネットは見ないのでパケットし放題にはしていません。

しかし、近いうちに二人ともスマートフォンに変更すると思います(二人とも仕事柄必要になってきました)。よって、プラン変更により今より少し割高になると思います。

 



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク