毎日のお金のこと

お金に余裕があれば保険は最低限でよい

数年前に、私の友人が自分は生命保険や医療保険に入っていないんだけど、入ったほうがいいか、入るならどれがよいか、などと相談してきました。なぜそう思うのか聞いたところ、周りの友人はみんな保険に入っていて、自分だけ入っていないのは不安だ、というのです。これは保険に入る動機としては、よくないパターンです。

様々な本に書いてありますが、保険というものは本来お金に余裕が無いから入るものです(お金が沢山あって節税対策で保険に入る場合もあります)。自分が亡くなった場合、残された人が困らないように、保険に入るわけです。

私の場合は、まずマイホームを持っています。マイホームをローンで購入すると団体信用生命保険というものに加入することになります。これは、私に万一のことがあった場合、残った住宅ローンの借金はチャラになるというものです。現在の私の住宅ローンの残高は1370万円ですので、今私に万一の事があったらそれがチャラになります。

つまりはこの時点で私は一つ生命保険に加入していることになります。 

また、私は厚生年金に加入していますので、私に万一の事があれば遺族年金が支払われます。 

これに加えて、私が大学生の時に両親が加入してくれた定期付終身保険があります。
簡単に言うと私の子供が成人する頃まで(まだ子供はいませんが)に私に万一の事があったら保険金は1000万円で、それ以降の保険金は100万円です。

他にも災害特約や入院特約などが色々ついており、保険料は月額6500円程度です。これは、なかなかいい条件の保険で、今ならこの金額では入れないと思いますので、両親に感謝しつつ解約せずに大事にしようと思います。

後はマイホーム購入時の火災保険に入っていますが、それ以外の保険としては妻も私も全く入っていません。今現在でもそれなりに貯蓄がありますし、妻もそれなりに仕事が出来る子なので、私に万一の事があっても上記の保険で十分だと思っています。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク