毎日のお金のこと

借金だと気付かない借金

私は住宅ローン以外の借金はしていません。今後もそのつもりです。
ただ、私の妻はお金にオンチというか無頓着で(浪費家という意味ではないです)、本人は借金だと気付いていない借金がありました。

まず、結婚してすぐに家のお金の流れを把握しようと、自分の口座と妻の口座を整理していました。そしたら、妻の口座から毎月7000円程度、クレジットカード会社から引き落とされている使途不明な明細がありました。

妻に確認するとよく分からない、というではないですか(も~、困ったものです(ーー゛))。

確認したところ、クレジットカードの支払いが、どうもリボ払いになっており、妻が以前ネットショップで買ったものが、意味の無いリボ払いになっていたようでした。
一括で十分支払えるお金があるので、わざわざ高い利息を出してリボ払いにするメリットは何もありません。早速、残りの借入残高(たしか14万円くらい)を一括して返済し、今後は私のカードを使うようにしたいので、カードは解約しました。

またこんなこともありました。妻は大学時代に奨学金制度を利用しており、社会人になってから毎月口座から自動的に返済されていました。
これも全く同じで、奨学金の借入を一括して返済するだけの貯金が十分あるにも関わらず、わざわざ毎月返済していたのでした。毎月利息を支払うメリットは全く無いので、早速日本学生支援機構に問い合わせ、残りの残高(大体100万円くらいだった)を一括して返済しました。
※奨学金制度には、利息がかからない第一種奨学金と利息が発生する第二種奨学金があります。妻は第二種なので利息が発生していました。

このように、リボ払いも奨学金も立派な借金ですが、妻はあまり意識してなかったようです。

ちなみに、このような出来事が続き、私はお金の管理がそれなりに得意であり、妻はお金の管理が大の苦手なので、自然に家のお金は私が管理するようになったわけです。



人気記事ランキング

サイト内検索

カテゴリ別アーカイブ

スポンサード リンク

スポンサードリンク